スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恋愛心理学!〜デートに誘うための3つの心理テクニック!その2〜

前回の続きです!(→前回の記事へ

例3 あなた「明日二人で遊園地行かない?」

相手「う〜ん…遊園地はちょっと…」

あなた「じゃあお茶しに行こうよ!」


この誘い方のポイントは、最初に「遊園地に行く」という、二人で行くには少しハードルが高い提案をするところです。

いきなり二人で遊園地に行こうよと誘っても、なかなか了承は得られないでしょう。

しかし、安心してください!
最初の提案はダミーなのです!
(もちろん、運良くオッケーしてもらえればそれが一番なのですが…(笑))

その次にする「お茶をしに行く」という提案が本命の提案になります。

この本命の提案は、最初にした提案よりもハードルが低いことが大事です。

相手は一度断ってしまっているので、次の提案を断りづらい心理状態にあります。

「最初断っちゃったし、まぁお茶くらいなら行ってもいいかな…。」という心理が働くわけです。

この心理テクニックは、「ドア・イン・ザ・フェイス」と呼ばれ、交渉やセールスマンの営業の際にも使われる本格的なテクニックです。

恋愛にもとても有効なものなので、どんどん使っていきましょう!


例4 あなた「明日、お茶しに行かない?」

相手「うん、いいよ。」

…次回
あなた「今日は、映画見に行こうよ!」

相手「うん。行く〜」

…さらに次回
あなた「今日は遊園地に行こう!」


といった具合に、相手が了承できるような簡単な提案から始めて、要求のレベルをだんだんとあげていきます。

一度了承すると、次の提案も断りにくくなる」という心理を巧みに利用したテクニックで、「フット・イン・ザ・ドア」と呼ばれています。

「ドア・イン・ザ・フェイス」とは逆で、小さな要求から始めて、本命である大きな要求を通そうという狙いです。

例をいくつかあげましたが、いかがでしたでしょうか?

前回の「誤前提提示」、今回の「ドア・イン・ザ・フェイス」、「フット・イン・ザ・ドア」、この3つの心理テクニックを用いて気になるあの人とデートに行って仲良くなりましょうね!

ブログパーツ


RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/29 01:16 ] 恋愛心理学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mentalkokoro.blog.fc2.com/tb.php/23-e99c181c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。