スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

感情の材料「神経伝達物質」って!?

楽しかったりイライラしたり悲しんだり不安を感じたり幸せを感じたり…人間の感情というのは様々です。

あなたは今、どんな感情でいるでしょうか?
いずれにせよ、今のあなたの心の動きには元となっている「材料」があるのです!

それは「神経伝達物質」です。

よく聞くもので言えば、アドレナリンセロトニンドーパミンなどがあります。

これらの物質の働きにより、あなたの心の動きが左右されているのです。
ドーパミンが分泌されている時はワクワクしてやる気に満ち溢れていたり、アドレナリンが分泌されている時はドキドキして興奮したりします。

また、うつ病や不安障害などを発症されている方はセロトニンノルアドレナリンといった神経伝達物質のバランスが崩れてしまっていて、感情のコントロールが難しくなってしまっているのです。
 
それでは、どうすればセロトニンやノルアドレナリンなどを正しくコントロールできるのでしょうか?
それぞれの物質についてどういう物質なのかを詳しく説明していきます。

セロトニンについて

ノルアドレナリンについて

ドーパミンについて 近日更新予定!

ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/21 00:41 ] 脳と心 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mentalkokoro.blog.fc2.com/tb.php/16-788a22ad







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。