スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメとムチは逆効果!?

今回も意外なタイトルかもしれませんね。

なぜならアメとムチは相手のモチベーション(やる気)を上げるために普段から行っていることでもあります。

例えば、自分の子どもを勉強させるために、「勉強しなかったら、おやつ抜きだよ!」とか、「テストで100点とったらゲーム買ってあげる!」とか。

会社でもあるかもしれません。上司が部下に、「この仕事終わったらおごってやるから夕飯行こう!」とかですかね(この例はアメのつもりで書きましたが、中にはムチだと感じる人もいるかもしれませんね笑)。

実際、それで子どものテストの成績が上がったり、部下の仕事のスピードが上がったりした、という経験はみなさん持っていると思います。

と、このように一見効果のありそうな(やる気の上がりそうな)アメとムチは、なぜ逆効果なのでしょうか。

キーワードは、効果のある期間です!

というのも、確かにアメとムチには、効果があります。

しかし、それは短期間です。

先ほどの例で言えば、テストで100点を取るまでだったり、仕事が終わるまでなのです。

問題になるのは、長期的な視点で見た時のモチベーション(やる気)なのですが、なんと、アメとムチを使った場合は使わなかった時に比べて大幅に低下してしまいます。

その原因として、内発的動機付けが低下してしまうという心理が挙げられます。

この内発的動機付けというのはちょっと難しい単語ですが、報酬をもらえなくても、ある行動をしたいと思う心理、つまり、その行動自体をやりたくてやっている状態のことなのです。

ゲームをすることは、内発的動機付けの良い例です。ゲームをやることで報酬をもらえるわけではないですが、とても楽しくて、ゲームをしたいと思うのです。

この内発的動機付けが、報酬をもらうことによって低下してしまいます。

というのも、報酬をもらうことで、その行動をする目的が報酬をもらうことにすり替わってしまうのです。

今まではゲームをすること自体が目的で楽しんでいた人も、ゲームをすることで報酬がもらえることになったとたんに、ゲームは報酬を得るための手段になってしまうのです。

私たちのやる気というのはなかなか一筋縄ではいかないものですね…笑
スポンサーサイト
[ 2014/05/22 18:08 ] 心理効果 | TB(0) | CM(0)

アスペルガー症候群って?

あなたはアスペルガー症候群という名前を知っていますか?

近年、確定診断者数が増えてきている症状の一つであり、耳にすることも増えています。しかし、実際にどのような症状かについては詳しく知らない…という人も多くいると思います。
そこで今回は、アスペルガー症候群の症状をいくつかの大きなトピックに分けて紹介して行こうと思います。


⚪︎アスペルガー症候群の方の興味や関心の特徴

アスペルガー症候群の方の興味や関心には大きな特徴があります。
それは、「特定の狭い分野に関して興味や関心を持ちやすい」ということです。
もし歴史に興味を持つと、「誰が何年にこういうことをして、ああして、こうして、こうなって、その次はこの人が…」といったように、普通の人が常識の範囲で知らないことまでとても深く覚えます。


⚪︎アスペルガー症候群の方のコミュニケーションの特徴

アスペルガー症候群の人は健常な人と比べると、コミュニケーションに関して少し違いがあります。まず、アスペルガー症候群の人は「想像すること」があまり得意ではありません。そのため、相手の発した言葉をまさに「言葉通り」に受け取ってしまうことが多いです。例えば、「今日は暑すぎて体が溶けてしまいそうだよ」と相手が話すと、「え!?体が溶けてしまうのですか!?大丈夫ですか!?」といったように、「溶けそうなくらい暑い」といった比喩的表現を理解することができません。こういった反応をされれば、話している相手は驚いてしまったり、「あれ、ちょっと変だな」と思ってしまいます。

続く
[ 2014/05/03 22:10 ] 心の病 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。