スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

強迫神経症とは

強迫神経症とはある物事に対してそのことしか考えられなくなるほど気になってしまう症状です。


気になっているために、何度も同じ行為を繰り返したり、確認をしたりして不安を打ち消そうとします。

例えば、家の鍵をかけてきたかどうか気になることは多くの人が経験していると思いますが、強迫神経症の人は鍵をかけたかどうかを何回も家に戻って確認しないと不安でどうしようもなくなってしまうのです・・・。この症状の人達は、自分でもそのような確認行為や考えをばかげている、そこまでしなくても…とわかってはいるのですが、やめようとすると非常な不安に襲われてしまいます。

強迫神経症になりやすい人の特徴としては、完璧主義であったり、几帳面だったりする人がなりやすいようです。

症状の種類としては、誤って人を傷つけてしまうのではないか、といった「加害恐怖」、ばい菌など不潔なもので自分が汚染されてしまったのではないか、という「不潔強迫」、その他にも縁起の悪いことに過敏になり過ぎたり、先ほど鍵の閉め忘れの例でも挙げたように、何度も確認しないと気が済まない、「確認癖」といった症状があります。
確認症状が重度になると、自分で確認するだけでは不安が解消されず、他の人に確認してもらいたいと思うようになります。


この強迫神経症ですが、治療方法があります。現在は主に薬物療法と、精神療法の二つがあります。
薬物療法ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬を用いることが多く、有効率は50%前後と言われています。
また、精神療法では「暴露反応妨害法」と呼ばれる認知行動療法があります。
これは鍵の閉め忘れが気になるなどの強迫観念が出やすい状況にあえて患者さんを直面させて、その際に強迫行為(ここでは鍵をかけたかどうかの確認)をさせないように伝え、不安が自然となくなるまで患者さんをその状況におく。という方法です。一見荒治療のようにも思えますが、薬物療法と同じくらいの有効率があります。

気になる症状が見られたら悪化する前に早めに病院へ行ってみましょう。

ブログパーツ


RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
スポンサーサイト
[ 2013/07/31 23:11 ] 心の病 | TB(0) | CM(0)

思い込み

私は昔、思い込みが激しくて悩むことがありました。
その思い込みはいつも「何か良くない事を思われている」とか、
「きっと笑われたに違いない」といったネガティブなものでした。
しかし、ある時気がついたのです。

「思い込みが激しいなら、無理やりでもポジティブな方へ思い込めば良いのだ!」と。

何かあっても、「大丈夫、絶対上手くいく!」、「この人はきっと自分に対して良い印象を持ってくれてる!」
などと思ってみるのです。
そうはいっても、実際思い込みが激しい人は、なかなかその考え方が定着しません。

だから、ゆっくりで良いのです。
少しずつでも自分が望む自分へ変わっていくことが自信へつながり、思い込みは消えていくでしょう。

ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss

[ 2013/07/31 19:06 ] メンタルヘルス | TB(0) | CM(0)

神経症

心の病気には様々な種類があります。
その中でも、多く見られるもののひとつに「神経症」と呼ばれる症状があります。「神経症」もさらに、不安神経症、強迫神経症、ヒステリー、恐怖症、心気症…などたくさんの症状に細かく分けることができます。
ではそれぞれの症状について、より細かく注目していきましょう。


ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/07/30 19:46 ] 心の病 | TB(0) | CM(0)

体型で性格がわかる!?

心理学では大きく分けた3つの体型には、典型的な性格があるとされています。
以下の文で説明していきましょう。

<1>細長型
痩せている人のことです。このような体型の人は過敏性(神経質)と鈍感性(落ち着いている)の
2面をあわせ持つ「分裂気質」です。
一般的な特性としては、非社交的、まじめ、無口、繊細、静か、といった性格が挙げられます。


<2>肥満型
太っている人のことです。このような体型の人は、活発な躁状態と
気分が沈みがちなうつ状態がある「躁鬱気質」です。
一般的な特性としては、社交的、善良、親切、温厚、といった性格が挙げられます。


<3>闘士型
ガッシリしていて筋肉がある人のことです。このような体型の人は、粘り強く忍耐力があるが、
時に爆発的に怒る「粘着気質」です。
一般的な特性としては、頑固、粘り強い、几帳面、凝り性、自己主張が強い、激怒する、といった性格が挙げられます。


ちなみに私は細長型です!
なんとなく当てはまっているような・・・
あなたのまわりの人は何型に当てはまりましたか?

ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/07/30 17:17 ] 心理効果 | TB(0) | CM(1)

肩書きで人格の見られ方が変わる!?

みなさんはある人を判断する時に何を重視していますか?
性格でしょうか?もしくは顔だったり、その人の行動から判断したりすると思います。
ですが、人の人格を判断する時に無意識に行われていることがあるのです。

それは肩書きでの判断です。

今この文を読んでいる皆さんの多くは、「いや、そんなことはない!」と思われたかもしれませんが、
実際に肩書きで見られ方が変わることはたくさんあるのです。

例えば、T大学出身の高学歴なAさんと、現在フリーターのBさんがいるとします。
すると、その人たちの本当の人格にかかわらず、Aさんは、「高学歴なのだから、頑張り屋さんなのね!」
と思ったり、Bさんは、「フリーターということはなまけやすいのか?」と思ったりするわけです。
実際にAさんとBさんがそのような性格であるとは知らなくてもこの現象は起こります。

この現象を心理学では「ハロー効果」といいます。

高学歴という良いイメージによってAさんにも良いイメージがつくように、CMでイメージの良いタレントさんや、俳優、女優の方が使われるのは、CMで紹介したい商品にタレントさん達の良いイメージがつきやすいからなのです。これはハロー効果を上手く使った例といえるでしょう。

このように、身の回りにハロー効果は起こっているのです。
この心理効果も上手く使っていきたいですね。

もしかしたら、あなたもハロー効果によって肩書きで見られ方が変わっているかも・・・!?

ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/07/29 20:09 ] 心理効果 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。