スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モンハン、ポケモンで友達の輪が広がる!?〜友達とゲームをする心理とその影響〜

あなたやあなたの子どもはゲームにハマっていますか?

近年、ゲーム産業は拡大してきています。

子ども達の遊びも、昔のように外でサッカーなどの運動をして遊ぶよりも、家の中でゲームをして遊ぶことが多くなってきました。

確かに面白いゲームはたくさんありますし、天候に左右されずに遊べるという点でもメリットはあります。

さらに、最近のゲームには通信機能がついているものが多いです。

同じゲームを友達と一緒にできるため新しい友達と遊ぶきっかけにもなりますし、コミュニケーションをとりやすいです。

特に、モンハンに代表されるようなゲームでは、友達と協力することでより強い敵を倒す事ができたりなど、一つの目標をみんなで共有できるので仲間意識が生まれやすいという特徴や達成感を得られるという特徴もあります。

また、ゲームでは簡単に楽しさや快楽が得られるので、特に子どもはハマってしまいやすい心理状態にあります。

そして、外で運動しないことで心理的に起こる影響があるのです。

家であまり動かずにゲームばかりしていると、運動不足になってしまい前に記事にした「セロトニン」が不足してしまい、精神が不安定になったり、イライラしやすくなり、結果としてキレやすくなったりしてしまいます…。

また、ゲーム画面を見続ける事で強い光を浴びる事になるので交感神経が優位になり、常に緊張した心理状態になります。

もう一つ注意すべきことは、友達とゲームをしている間のコミュニケーションです。

確かにゲームは友達と一緒に遊ぶきっかけにはなりますが、ゲームをしている間、話している時に見ているのは友達の顔ではなく「画面」です。

相手の表情を見て話していないのでコミュニケーション不足になったり、話した内容をあまり覚えていない、ということが頻繁に起こってしまいます。

これではせっかく遊んでいるのにもったいないですよね。

もちろんゲームは楽しいですし、それはそれで良いのですが、何事もやり過ぎは良くありません。

遊んでいる時はゲームを通してだけのコミュニケーションではなく、相手の顔を見て話す機会もたくさんあるといいですね!

スポンサーサイト
[ 2013/09/11 23:15 ] ◯◯の心理 | TB(0) | CM(1)

パズドラでつい課金をしてしまう!?ソーシャルゲームにハマってしまう人の心理



↑パズドラをダウンロードしたい方はクリック!


最近CMでソーシャルゲームの宣伝がされているのをよく見かけるようになりましたね。

中でも今一番人気なのは「パズドラ」と呼ばれるゲームで、パズルを解くことで持っているカードで攻撃し相手を倒す、という流れになっています。

私も一時期やってみたことがありますが、実際とても面白く、妙にハマってしまった経験があります。

しかし、この「パズドラ」、面白すぎてハマり過ぎてしまう人達がいるみたいなのです。

最初に注意なのですが、「パズドラ」同様、一般的なソーシャルゲームは基本は「無料」で遊ぶことができます。

ですが、今回紹介する心理と関係がある、「課金」と呼ばれる行為ができるのです。

この「課金」ですが、ゲーム内のアイテムを実際のお金を払うことで手に入れる行為のことです。

「課金」することでよりゲームを楽しむことができるようになるのです。

「課金」をすることで手に入れることができるアイテムにはとてもレアなアイテムがあったりして、他の「課金」をしていないユーザーに差をつけることができます。

一時期話題になった「ガチャ」をするにも「課金」が必要な場合があります。

この「ガチャ」ですが、超レアなものから、普通くらいの物も入っています。

ですので、一回で超レアが出る時もあれば、何回もやっても中々出ない時もあるのです。

ここが、人が「ガチャ」にハマってしまう原因になっています。

もし逆に、「ガチャ」をすれば毎回超レアが当たってしまえば、人はすぐに飽きてしまいます。

たまに」当たるところがハマってしまう原因なのです。

「たまに」当たるからこそ当たった時の喜びは計り知れませんし、とてつもない快感を得ることができます。

もちろん、レアな物を持っていれば他の人に自慢することもできます。

また、一度も当たったことがない人よりも、当たったことのある人の方がハマりやすいのです。

「何回やっても中々超レアが出ない、でも当たった時もあるし、もう何回か課金してガチャを回せば当たるかも…」という心理になっていくのです。

そうなってしまうと中々やめることができません。

あと一回やれば…もう一回だけ…」という心理状態になり、結局やめられないのです。

あなたもソーシャルゲームの課金にハマり過ぎていませんか?

*この記事に対して内容の変更を求める方はコメントにてお知らせください。
また、「パズドラ」、その他のソーシャルゲームを非難するものではありません。



ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/09/08 02:29 ] ◯◯の心理 | TB(0) | CM(0)

日本人の心理

日本人の特徴と聞いてまず思い浮かぶのは、
やはり「謙虚」、「勤勉」といったところでしょうか。

最近では「空気を読む」ということも注目されることが多くなりましたね。

会社で、学校で、飲み会で、合コンで…様々な場面でみなさんは空気を読んでいると思います。

なんだか少し気疲れしてしまうような特徴が多い気がするのは私だけでしょうか?(笑)

それはさておき、今回はこの日本人の特徴は、どのような心理に基づいて成り立っているのか、ということを私なりに考えてみたいと思います。

まず、日本では昔から「世間の目」という概念が存在していました。

日本ではかつて、士農工商という身分制度が存在し、その中でも「農」つまり、農民が一番多かったのです。

農民はそれぞれの村で他の家族と協力しながら、秩序を保ちながら生活していました。

また、日本人は「」を重んじるため、所属する集団の秩序を乱すような行為に対して敏感で敵対的であったと考えられます。

そこで、「世間の目」、つまり、「他の家族」から見て自分の行為は秩序を乱していないか、といったように、体面を気にしやすく、また、どのように思われているかが重要になりやすかったのではないかと思います。

なので、なるべく自分が所属する集団と行動を合わせたり、空気を読む必要があったのではないでしょうか。
さらに、昔は現代よりも上下関係が厳しかったはずです。

そんな中、今でいう上司が自分よりも能力が高く、それを自慢するような部下を見たらどう思うでしょうか。
出る杭は打たれる」という言葉の通りになってしまうでしょう。

そこで、能力が高くても目を付けられないようになるべく周りに合わせて、謙虚な態度を取ることを選んできたのでしょう。

そうして、今の日本人の性格が出来ていったのではないかと私は考えます。

ブログパーツ


RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss

[ 2013/08/23 23:57 ] ◯◯の心理 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。