スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

話し下手な人のために

おとなしい人であったり、人見知りだったりすると、積極的に話したくてもなかなか簡単にはいきませんよね。

せっかく覚悟を決めて話しかけようと思ってもタイミングを逃してしまったり、いざ話すとなると緊張してきてしまったりすることはよくあると思います。

話している間もなんとなく話に集中できていないのではないでしょうか。

そんな時、多くの人は「こんな事を言ったら相手はどう思うのだろうか?」とか、「自分と話してて楽しいのだろうか?」など、様々な考え事をしてしまっているのです。

それにより話題が思いつかなかったり、スムーズに話す事が難しくなっている気がします。

そうなってしまうと、話している相手から見ても、あなたは楽しそうに見えなかったり、もしかすると不機嫌そうに見えたりしてしまうこともあります。

話す内容や、相手の事に気を取られすぎて、自分の表情や、態度に意識が向いていないのです。

もし、話しかけている相手があまり喋らなくても、笑顔でうなずいてくれていたり、楽しそうなリアクションが返ってきたら嬉しいですよね?

あなたも同じ事をしてあげましょう。

人は自分の話を楽しそうに聞いてくれる人のことをとても友好的に感じます。

また、楽しそう聞いていれば自然と話の内容に関心が持てます。

自分から話しかけづらい人は相手の話をよく聞き、関心を持つことから始めてみましょう。

ブログパーツ


RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
スポンサーサイト
[ 2013/08/18 09:44 ] メンタルヘルス | TB(0) | CM(1)

適当な悩み方

このブログを読んでくださっているみなさんは、悩みをお持ちでしょうか?

一つの悩みも無い、という方がいらっしゃったらぜひコメントを下さい。
考え方を参考にさせていただきたいです。

というのも、私を含め、誰もが一つくらいは悩みを持っているものではないかと思うからです。

悩みを持っていないという事も素敵な事だと思います。
ですが、悩みを持っているということはポジティブに考えればある物事に関して、何かを改善したいという考えのもとに成り立つので、問題意識を持つ事ができている、ということになると思います。
なので、私は適度な悩みを持つことはよいことだと思います。

例えば、年収が少ないと悩まれている方は、もっと年収を増やしたいと考えるから今の年収に悩んでいるのです。

しかし、悩みが多すぎたり、悩みに対して真剣になりすぎては疲れてしまうのでは?と思うのです。

そこで、登場するのがタイトルにもあったように「適当な悩み方」です。
この「適当」という単語ですが、決して悩みに対していいかげんになるということでは無く、程よい、という意味で使っています。

悩みはある、でも、その悩みと上手く付き合いながら、改善策を考えていくことができればきっと今の自分よりももっと成長できるはずです。


ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/08/08 15:14 ] メンタルヘルス | TB(0) | CM(0)

自分といえば・・・

悩んでいる人の中には、自信がなくて悩んでいる人も多いでしょう。
自信がなくて積極的に行動することができずに引っ込んでしまうとせっかくのチャンスがもったいないです。
では、自信を持つためにはどうしたら良いのでしょうか?

そのための道の一つとして、今回は「自分と言えばコレだ!」というものを見つけることをオススメしたいと思います。
つまり、アイデンティティについての話です。人によって違うと思いますが、例を挙げると、スポーツでも、読書でも、パソコンでも、ゲームでも、勉強でも、とにかく何でも良いのです!その中でも特に、スポーツならバスケット、読書ならSF小説、など具体的なほうが良いと思います。

余談ですが、私にとっての「コレ」は心理学です!
という感じで、基本的には自分が好きなもの、または得意なものを選べばよいのです。
とは言っても、コレだ!というものを見つけるのはなかなか難しいですよね。

そんな時には、思い切って人に聞いちゃいましょう!
家族でも、友達でも、恋人でも構いません。「あなたはコレが好きだよね」とか「君はいつもコレをしているよね」といった具合に、人から聞いてヒントを得るのもいいと思います。
自分が思ってもいなかった答えが聞けるかもしれませんよ!
コレだ!という物が見つかったら、もしくは教えてもらったら、それを認めてみるのです。
「自分はコレが好きなのか」と受け入れてみましょう。自分が思ってもいなかった答えが返ってくると、もしかすると最初は好きになれないかもしれませんが、繰り返し受け入れていくことで、段々と認めることができ、好きになっていきます。
認めるということが自信へつながるのです。
自分が認めたことならば、好きなことならば、他人にどう思われようと気にならなくなるのです。自分が好きなことを思い切りしているときのあなたはきっとイキイキして輝いて見えるはずですよ♪


ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/08/02 21:48 ] メンタルヘルス | TB(0) | CM(0)

思い込み

私は昔、思い込みが激しくて悩むことがありました。
その思い込みはいつも「何か良くない事を思われている」とか、
「きっと笑われたに違いない」といったネガティブなものでした。
しかし、ある時気がついたのです。

「思い込みが激しいなら、無理やりでもポジティブな方へ思い込めば良いのだ!」と。

何かあっても、「大丈夫、絶対上手くいく!」、「この人はきっと自分に対して良い印象を持ってくれてる!」
などと思ってみるのです。
そうはいっても、実際思い込みが激しい人は、なかなかその考え方が定着しません。

だから、ゆっくりで良いのです。
少しずつでも自分が望む自分へ変わっていくことが自信へつながり、思い込みは消えていくでしょう。

ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss

[ 2013/07/31 19:06 ] メンタルヘルス | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。