スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメとムチは逆効果!?

今回も意外なタイトルかもしれませんね。

なぜならアメとムチは相手のモチベーション(やる気)を上げるために普段から行っていることでもあります。

例えば、自分の子どもを勉強させるために、「勉強しなかったら、おやつ抜きだよ!」とか、「テストで100点とったらゲーム買ってあげる!」とか。

会社でもあるかもしれません。上司が部下に、「この仕事終わったらおごってやるから夕飯行こう!」とかですかね(この例はアメのつもりで書きましたが、中にはムチだと感じる人もいるかもしれませんね笑)。

実際、それで子どものテストの成績が上がったり、部下の仕事のスピードが上がったりした、という経験はみなさん持っていると思います。

と、このように一見効果のありそうな(やる気の上がりそうな)アメとムチは、なぜ逆効果なのでしょうか。

キーワードは、効果のある期間です!

というのも、確かにアメとムチには、効果があります。

しかし、それは短期間です。

先ほどの例で言えば、テストで100点を取るまでだったり、仕事が終わるまでなのです。

問題になるのは、長期的な視点で見た時のモチベーション(やる気)なのですが、なんと、アメとムチを使った場合は使わなかった時に比べて大幅に低下してしまいます。

その原因として、内発的動機付けが低下してしまうという心理が挙げられます。

この内発的動機付けというのはちょっと難しい単語ですが、報酬をもらえなくても、ある行動をしたいと思う心理、つまり、その行動自体をやりたくてやっている状態のことなのです。

ゲームをすることは、内発的動機付けの良い例です。ゲームをやることで報酬をもらえるわけではないですが、とても楽しくて、ゲームをしたいと思うのです。

この内発的動機付けが、報酬をもらうことによって低下してしまいます。

というのも、報酬をもらうことで、その行動をする目的が報酬をもらうことにすり替わってしまうのです。

今まではゲームをすること自体が目的で楽しんでいた人も、ゲームをすることで報酬がもらえることになったとたんに、ゲームは報酬を得るための手段になってしまうのです。

私たちのやる気というのはなかなか一筋縄ではいかないものですね…笑
スポンサーサイト
[ 2014/05/22 18:08 ] 心理効果 | TB(0) | CM(0)

プラシーボ効果とは?

プラシーボ効果は別名偽薬効果ともいい、
実は病気に対して何の効果のない偽薬を「この薬は痛みによく効くんですよ」と言われて渡されると、
本当に痛みが治まってしまった!というような思い込みのことです。

しかも、プラシーボ効果は自分がただ思い込むだけではないのです。

例えば、「これは血圧が下がる薬ですよ」と言われて偽薬を飲むと、
実際の検査結果でも血圧が下がっていることがあるのです。

もちろんみんながみんな毎回プラシーボ効果による影響を受けるわけではないですが、
実際に影響が出ることがあるので十分に効果があるといえますよね。

やはり「病は気から」というように思い込みには大きな影響力があるのですね。

ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/08/14 12:43 ] 心理効果 | TB(0) | CM(0)

記憶容量の単位「チャンク」って?

「記憶って心理学と関係あるの?」と思われるかもしれませんが、心理学の教科書には記憶について多くのページが用意されていて、立派な心理学の研究分野の一つなのです。

というわけで、今回も記憶の話です。
いきなりですが、実は短期記憶の容量は決まっているのです!
一般的に、人の短期記憶の容量は7±2チャンクといわれています。

この「チャンク」という単位ですが、情報量の単位の一つです。

例えば、0120-××○-++☆という電話番号を覚える時に、0、1、2、0、…といったように一つずつ覚えた場合、この電話番号を覚えるために必要な記憶容量は10チャンクとなります。

しかし、これでは7±2チャンクをこえてしまいます。
そこで、チャンクという記憶容量の特徴が登場します。

上の電話番号で、「0120」、「××○」、「++☆」とまとまりとして覚えることでそれぞれ1チャンクずつ、たったの計3チャンクで済むのです。
これを意識して行っている方は少ないかと思われますが、覚えておけば連絡先などを急いでメモする必要があるときなんかに便利ですよ♪

ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/08/11 23:35 ] 心理効果 | TB(0) | CM(0)

欲求にもレベルが…!?

今回はアメリカの心理学者マズローの欲求5段階説について説明していこうと思います。
もしかすると、大学受験の際に倫理を勉強していた方は聞いたことがあるかもしれませんね。

このマズローさんは、人間の欲求を低次から高次の順に5段階の階層に分けました。
第一の欲求は「生理的欲求」です。
食べ物を食べたいと思ったり、喉がかわいて飲み物が飲みたい、トイレに行きたいなど、生きていくために必要な欲求のことですね。

続いて、第二の欲求は「安全の欲求」です。自分の身の安全や生活の安全を目指す欲求です。現在はあまり意識されることはないかもしれませんが、昔では重要なことだったのです。

第三の欲求は「社会的欲求」です。
集団に属し、その集団から認められたい、受け入れてもらいたいという欲求や、誰かに愛してもらいたいといった、集団帰属の欲求です。

第四の欲求は「尊厳欲求」です。
人から尊敬されたい、価値ある存在として認めて欲しい、という欲求です。

そして最後の欲求である第五の欲求は「自己実現の欲求」です。
自分の能力や可能性を最大に発揮して、もっと自分を高めたい、創造的なことがしたいという欲求です。

これらの欲求は、第一の欲求が満たされると第二へ、第二の欲求が満たされると第三へ、といったように低次の欲求が満たされるとより高次な欲求へと進んで行きます。

あなたは今、どの段階にいるのでしょうか?
ぜひとも自己実現の欲求を目指していきたいですね。

ブログパーツ


RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/08/06 14:18 ] 心理効果 | TB(0) | CM(0)

モチベーション

モチベーションというのは「お腹が空いたからご飯が食べたいな〜」といったような動機付けのことをいいます。
このモチベーションなのですが、動因誘因というものが合わさって起こっているのです。

動因というのは、内的要因、つまり自分の中から発生する生理的欲求です。
そして誘因は、外的要因、つまり外から与えられる欲求です。

ではこの二つについて例を交えながら説明していきます。

ここでは、「ご飯が食べたい」というモチベーションを例にとってみましょう。

この時の動因は「お腹が空いたから」という生理的欲求です。誘因は「目の前に美味しそうな食べ物があるから」、「今話題の食べ物だから」といった具合です。

また、この動因と誘因には互いに関係があって、影響を及ぼし合います。

動因は誘因によるモチベーションを増強しますし、誘因は動因を誘発します。

お腹が空いていれば目の前の食べ物は、より美味しそうに見えますし、逆に目の前に美味しそうなものがあれば、

はじめはそれほどお腹が空いていなくても、段々とお腹が空いてきますよね?(あまりにお腹がいっぱいの時は別ですが・・・)

ブログパーツ



RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
いろいろ心理学~こころの学問~

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/08/03 21:07 ] 心理効果 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。