スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメとムチは逆効果!?

今回も意外なタイトルかもしれませんね。

なぜならアメとムチは相手のモチベーション(やる気)を上げるために普段から行っていることでもあります。

例えば、自分の子どもを勉強させるために、「勉強しなかったら、おやつ抜きだよ!」とか、「テストで100点とったらゲーム買ってあげる!」とか。

会社でもあるかもしれません。上司が部下に、「この仕事終わったらおごってやるから夕飯行こう!」とかですかね(この例はアメのつもりで書きましたが、中にはムチだと感じる人もいるかもしれませんね笑)。

実際、それで子どものテストの成績が上がったり、部下の仕事のスピードが上がったりした、という経験はみなさん持っていると思います。

と、このように一見効果のありそうな(やる気の上がりそうな)アメとムチは、なぜ逆効果なのでしょうか。

キーワードは、効果のある期間です!

というのも、確かにアメとムチには、効果があります。

しかし、それは短期間です。

先ほどの例で言えば、テストで100点を取るまでだったり、仕事が終わるまでなのです。

問題になるのは、長期的な視点で見た時のモチベーション(やる気)なのですが、なんと、アメとムチを使った場合は使わなかった時に比べて大幅に低下してしまいます。

その原因として、内発的動機付けが低下してしまうという心理が挙げられます。

この内発的動機付けというのはちょっと難しい単語ですが、報酬をもらえなくても、ある行動をしたいと思う心理、つまり、その行動自体をやりたくてやっている状態のことなのです。

ゲームをすることは、内発的動機付けの良い例です。ゲームをやることで報酬をもらえるわけではないですが、とても楽しくて、ゲームをしたいと思うのです。

この内発的動機付けが、報酬をもらうことによって低下してしまいます。

というのも、報酬をもらうことで、その行動をする目的が報酬をもらうことにすり替わってしまうのです。

今まではゲームをすること自体が目的で楽しんでいた人も、ゲームをすることで報酬がもらえることになったとたんに、ゲームは報酬を得るための手段になってしまうのです。

私たちのやる気というのはなかなか一筋縄ではいかないものですね…笑
スポンサーサイト
[ 2014/05/22 18:08 ] 心理効果 | TB(0) | CM(0)

アスペルガー症候群って?

あなたはアスペルガー症候群という名前を知っていますか?

近年、確定診断者数が増えてきている症状の一つであり、耳にすることも増えています。しかし、実際にどのような症状かについては詳しく知らない…という人も多くいると思います。
そこで今回は、アスペルガー症候群の症状をいくつかの大きなトピックに分けて紹介して行こうと思います。


⚪︎アスペルガー症候群の方の興味や関心の特徴

アスペルガー症候群の方の興味や関心には大きな特徴があります。
それは、「特定の狭い分野に関して興味や関心を持ちやすい」ということです。
もし歴史に興味を持つと、「誰が何年にこういうことをして、ああして、こうして、こうなって、その次はこの人が…」といったように、普通の人が常識の範囲で知らないことまでとても深く覚えます。


⚪︎アスペルガー症候群の方のコミュニケーションの特徴

アスペルガー症候群の人は健常な人と比べると、コミュニケーションに関して少し違いがあります。まず、アスペルガー症候群の人は「想像すること」があまり得意ではありません。そのため、相手の発した言葉をまさに「言葉通り」に受け取ってしまうことが多いです。例えば、「今日は暑すぎて体が溶けてしまいそうだよ」と相手が話すと、「え!?体が溶けてしまうのですか!?大丈夫ですか!?」といったように、「溶けそうなくらい暑い」といった比喩的表現を理解することができません。こういった反応をされれば、話している相手は驚いてしまったり、「あれ、ちょっと変だな」と思ってしまいます。

続く
[ 2014/05/03 22:10 ] 心の病 | TB(0) | CM(0)

モンハン、ポケモンで友達の輪が広がる!?〜友達とゲームをする心理とその影響〜

あなたやあなたの子どもはゲームにハマっていますか?

近年、ゲーム産業は拡大してきています。

子ども達の遊びも、昔のように外でサッカーなどの運動をして遊ぶよりも、家の中でゲームをして遊ぶことが多くなってきました。

確かに面白いゲームはたくさんありますし、天候に左右されずに遊べるという点でもメリットはあります。

さらに、最近のゲームには通信機能がついているものが多いです。

同じゲームを友達と一緒にできるため新しい友達と遊ぶきっかけにもなりますし、コミュニケーションをとりやすいです。

特に、モンハンに代表されるようなゲームでは、友達と協力することでより強い敵を倒す事ができたりなど、一つの目標をみんなで共有できるので仲間意識が生まれやすいという特徴や達成感を得られるという特徴もあります。

また、ゲームでは簡単に楽しさや快楽が得られるので、特に子どもはハマってしまいやすい心理状態にあります。

そして、外で運動しないことで心理的に起こる影響があるのです。

家であまり動かずにゲームばかりしていると、運動不足になってしまい前に記事にした「セロトニン」が不足してしまい、精神が不安定になったり、イライラしやすくなり、結果としてキレやすくなったりしてしまいます…。

また、ゲーム画面を見続ける事で強い光を浴びる事になるので交感神経が優位になり、常に緊張した心理状態になります。

もう一つ注意すべきことは、友達とゲームをしている間のコミュニケーションです。

確かにゲームは友達と一緒に遊ぶきっかけにはなりますが、ゲームをしている間、話している時に見ているのは友達の顔ではなく「画面」です。

相手の表情を見て話していないのでコミュニケーション不足になったり、話した内容をあまり覚えていない、ということが頻繁に起こってしまいます。

これではせっかく遊んでいるのにもったいないですよね。

もちろんゲームは楽しいですし、それはそれで良いのですが、何事もやり過ぎは良くありません。

遊んでいる時はゲームを通してだけのコミュニケーションではなく、相手の顔を見て話す機会もたくさんあるといいですね!

[ 2013/09/11 23:15 ] ◯◯の心理 | TB(0) | CM(1)

恋愛心理学!〜女子の仕草から脈ありか脈なしかを見分ける方法!〜

何回かデートを重ねて、好きになった相手がいたらもちろん次のステップへと移りたいですよね!

そうです!告白です!

しかし、告白するにはとてつもない勇気が必要です。

そんな時、好きな人が自分に脈ありだ!ということが分かれば、いくらかスムーズに告白できるはずです。(それでももちろん少しは緊張するとは思いますが…)

そこで、今回は相手が自分に脈ありなのか、脈なしなのかを「しぐさ」で見分ける方法を紹介します!

今回は女性の仕草について紹介しますね!

脈ありのサイン!

◯髪を触る

女性は緊張した時に無意識に髪を触りやすいため、好きなあなたを目の前にして、緊張して髪を触っているのかもしれません!

◯ボディタッチが多い

ボディタッチは場所によって心理が異なります。

例えば、へのボディタッチは「仲良くなりたい」、へのボディタッチは「異性として好意的に意識している」などがあります。


◯他の人と話しているときより、声のトーンが高い

誰でも好きな人と話すのは嬉しいものですよね!

そんな時はテンションが上がって自然と声のトーンが高くなってしまいます

特に女性は好きな人の前では甘い声を出すことが多いみたいです。

◯唇を舌でなめる、指で触る

唇は性的な快感と直接関係がある部位です。

ズバリ言うならキスやセックスを相手に連想させます。

そこをなめたり、触ったりすることは、欲求不満であることをあなたにアピールしていると言えます。


◯目線

女性は好きな人を直視することが男性に比べて苦手です。

ですので、あなたと話していない時に無意識に見ていることが多いです。

あなたが相手のことをふと見た時に、その女性がこっちを見ていたり、急に視線をそらすことが多いと脈ありの可能性が高いと思います!

また、人は好きな人を見ると瞳孔が開きます

なので、瞳孔が開いていればあなたに関心を持っているということですね!
(しかし、瞳孔を見ることは難しいと思いますが…笑)

◯相手との距離が近い

心理学では「パーソナルスペース」と呼ばれる概念があります。

よく使う言葉でいうと、「テリトリー」みたいな感じです。

つまり、親しく感じている人ほど近くまで寄って来られても大丈夫ということです。

例えば、見知らぬおじさんに近くまで寄られたら不快に思いますが、好きな人ならいくらでも近くにいて欲しいですよね!

一般的に、好きな人とのパーソナルスペースは60cm以内と言われているので、60cm以内まで近くに寄ってきたら好意があると考えていいですね。

このように、相手の仕草から相手の心理を見抜いて、告白する時に落ち着いてできるようにしちゃいましょう!

ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!
→こちらからどうぞ!rss

[ 2013/09/10 16:07 ] 恋愛心理学 | TB(0) | CM(0)

パズドラでつい課金をしてしまう!?ソーシャルゲームにハマってしまう人の心理



↑パズドラをダウンロードしたい方はクリック!


最近CMでソーシャルゲームの宣伝がされているのをよく見かけるようになりましたね。

中でも今一番人気なのは「パズドラ」と呼ばれるゲームで、パズルを解くことで持っているカードで攻撃し相手を倒す、という流れになっています。

私も一時期やってみたことがありますが、実際とても面白く、妙にハマってしまった経験があります。

しかし、この「パズドラ」、面白すぎてハマり過ぎてしまう人達がいるみたいなのです。

最初に注意なのですが、「パズドラ」同様、一般的なソーシャルゲームは基本は「無料」で遊ぶことができます。

ですが、今回紹介する心理と関係がある、「課金」と呼ばれる行為ができるのです。

この「課金」ですが、ゲーム内のアイテムを実際のお金を払うことで手に入れる行為のことです。

「課金」することでよりゲームを楽しむことができるようになるのです。

「課金」をすることで手に入れることができるアイテムにはとてもレアなアイテムがあったりして、他の「課金」をしていないユーザーに差をつけることができます。

一時期話題になった「ガチャ」をするにも「課金」が必要な場合があります。

この「ガチャ」ですが、超レアなものから、普通くらいの物も入っています。

ですので、一回で超レアが出る時もあれば、何回もやっても中々出ない時もあるのです。

ここが、人が「ガチャ」にハマってしまう原因になっています。

もし逆に、「ガチャ」をすれば毎回超レアが当たってしまえば、人はすぐに飽きてしまいます。

たまに」当たるところがハマってしまう原因なのです。

「たまに」当たるからこそ当たった時の喜びは計り知れませんし、とてつもない快感を得ることができます。

もちろん、レアな物を持っていれば他の人に自慢することもできます。

また、一度も当たったことがない人よりも、当たったことのある人の方がハマりやすいのです。

「何回やっても中々超レアが出ない、でも当たった時もあるし、もう何回か課金してガチャを回せば当たるかも…」という心理になっていくのです。

そうなってしまうと中々やめることができません。

あと一回やれば…もう一回だけ…」という心理状態になり、結局やめられないのです。

あなたもソーシャルゲームの課金にハマり過ぎていませんか?

*この記事に対して内容の変更を求める方はコメントにてお知らせください。
また、「パズドラ」、その他のソーシャルゲームを非難するものではありません。



ブログパーツ

RSS配信してます!もし気に入っていただけたら登録お願いします!

→こちらからどうぞ!rss
[ 2013/09/08 02:29 ] ◯◯の心理 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。